技術情報

トツプラねじ

 

リセス(ねじ頭部の駆動溝)とビットの形状について比較・説明いたします。

比較1
図説1
十字溝中心部 十字溝中心部の形状に変更はありません。トツプラねじは互換性を確保し、従来のビットが使用可能です
四枚羽の開き角度

羽根の開き角度88°

=四枚羽先端部(n)の幅が広い

内向きの力が働くことで締め付け力が増し、作業品質が安定します

ビットとねじの嵌合が良くビットの磨耗を軽減します

羽根の開き角度92°

=四枚羽先端部(n)の幅が狭い

外向きの力が働き、締め付け力が低下し不安定になる

ビットとねじの嵌め合いが悪く、ビットが磨耗しやすくなります

 
比較2
図説2
先端部

角度:極力0°

極力ストレートに設計することで、回転力を加えた際の上方向の分力は無くなり、ビット先端の浮き上がりも殆ど無いのでカムアウトも起きません。

ビットの浮き上がり=カムアウトが無いと言う事は・・・・

ねじ溝の破損やビット磨耗、変形を低減させます

ビット浮き上がりを防ぐ為の押し当てる方向への力が必要なく、作業者の疲労を軽減させます

 

角度:26°30’

先端部テーパー形状は、回転力を加えるとビット先端が浮き上がる上向きの分力が働いてしまう角度です

浮き上がる傾向=カムアウトがあると・・・

ビットとねじが外れて製品を傷つける恐れがある

浮き上がりを抑える為の押し当てる力は、ねじ溝の破損・変形を起こしやすく、作業には適度な力配分を必要とし、作業者の負担となる

駆動面積

面積:従来の約2倍

ビットとねじの嵌合に優れ、ねじ締め作業が安定し、作業ロスを低減させます

面積:小さい

ビットとねじの嵌合がふらつき、仕損じが発生し、作業ロスとなる

 
比較まとめ

従来の十字ねじとの互換性を保ちながら、トルクの伝達効率を向上させ、より小さな力で安定したねじ締めを実現します。特に自動化に適しています。

 

カムアウト現象を防止して、作業者の疲労を軽減します。また、ねじ締めの際、絶えず溝つぶれが発生するのではと言った不安感を解消して、快適な作業環境をご提供します。

 

ビットの磨耗を低減して、寿命を長くすると同時に定期交換の標準化が可能で生産性が向上します。

 

ビットとねじの嵌合性が良く、ねじ締めの際ビット先からねじの脱落や滑り落ちが無くなり、作業効率が向上します。

 

製品のリサイクルやメンテナンスの際、従来の十字ねじでは外しにくかったねじの脱着が用意に出来、地球環境に優しい製品作りに貢献します。
 
 
 
トツプラねじ 各製品仕様
ご覧になりたい製品名をクリックしてください
トツプラねじの種類とサイズ
専用ビットとドライバーハンドル
トツプラねじQ&A
通常時  締める!
Q

トツプラねじに従来の十字ビットを使用した場合、カムアウトは防止できる?

 

もちろんです。従来ねじと組み合わせてご使用頂いた場合でも、カムアウト防止効果を発揮します。

メンテナンス時  外して、また締める!
Q メンテナンスにどうして効果的なの?
A メンテナンスの際、トツプラねじであれば、ねじ脱着の際に起こる、ねじ頭の崩れ等のトラブルが無く、作業ロスが大幅に低減します。
ライフサイクル終了時  外して、解体する!
Q ここまでサビてしまったねじでも外せるの?(写真下)
A

もちろんです。通常ここまでサビてしまったねじは、固くなり、変形・錆び等で取り外しがとても困難。

しかし、トツプラねじならトツプラビットを使用する事で、楽に取り外す事が出来ます。